Welcome to our homepage

(株)多夢お知らせ



第三回(協力行事)

産官学民連携シンポジウム「震災から3年が過ぎて見えてきたこと。」は、こちら。

  平成26年5月シンポジウム(5.31)のお知らせ 謹啓 時下ますますご清栄の御事とお喜び申し上げます。 さて、例年複数の学会より、シンポジウムの企画を要請されております。その中で今回は情報通信月間に 東日本大震災をテーマに開催し、お蔭様で120名以上の皆様にご参集頂き盛況の内に終了致しました。 資料冊子をご要望の方は当方にお問い合わせください。 なお、資料は各パネラーの熱意により、総容量100MB、140ページに及ぶ大変な量、また幅広い分野で 示唆に富んだものになりました(藻谷氏は非公開なので掲載せず)。 改めまして関係者各位に厚く御礼申し上げます。なお、送付先の住所を必ず明記願います。 敬具 記 開催日時:2014.05.31(土) 10時〜18時 テーマ:震災から3年が過ぎて見えてきたこと。 場所:東京 日本経済大学大学院246ホール JR渋谷駅南改札西口下車徒歩3分、歩道橋を対角線上に渡って(246号線を越え)セルリアンタワー手前 JR南改札を出て西口を出る → 前方左手の歩道橋を渡る →  本屋(あおい書店)の前の階段を下りる → 大きな道(246)に沿ってを上る → 約50m先右側に会場の246ホールがあります 主催:映像情報メディア学会アントレプレナーエンジニアリング研究委員会研究・技術計画学会「既存知識の新結合によるイノベーションでの地域活性化」サブ研究会、 同学会イノベーションフロンティア研究分科会、同学会 九州・中国支部、    NPO日本経済システムデザイン研究会(ZESDA)KANSAI@CANフォーラム 協賛:特定非営利活動法人 横断型基幹科学技術研究団体連合(横幹連合)日本ベンチャー学会一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)一般社団法人 日本開発工学会IEEE TMC JAPAN日本生活学会 生活情報化研究会モバイルコンピューティング推進 コンソーシアム(MCPC)NPOスマート観光推進機構一般社団法人 企業間フューチャーセンター、 慶應義塾大学 防災情報社会デザインコンソーシアム、日本経済大学、等 後援:総務省関東総合通信局、IEEE WIE JAPAN 協力:株式会社 地域・技術経営総合研究所株式会社 多夢 参加費:無料(別途資料代2300円:早割第二期、5/20以降は現地渡しで5000円)     参加者予定:150名 趣旨:2011.3.11震災を振り返り、@実際に何が起こったのかを振り返り、A技術面も含めて課題抽出を行って 次の災害に向けた教訓にすると共に、B今後の復興についても検討を進めていく。 プログラム 3つのパネル(被災地、防災・減災・復旧、復興・振興)で構成する。各パネル2時間(各パネラー20分発表+他質疑) 1.挨拶:10:00-1010 2.パネル1.被災地からの声:10:10-12:00 ・千葉:NPO山武IT推進協会SNS担当理事、山武地域SNS協議会事務局 小島 妃佐子 氏 ・茨城:元常陽地域研究センター研究参与、関東経済産業局 元産業部次長、埼玉大学特命教授 久野 美和子 氏 ひたちなか商工会議所工業振興課長 小泉 力夫 氏 ・福島:いわきテレワークセンター 代表取締役社長、総務省 地域情報化アドバイザー 会田 和子 氏 ・宮城:東北イノベーションキャピタル 代表取締役、日興キャピタル 元社長 熊谷 巧 氏 ・岩手:カタリバ、大槌町高校生 釜石 望鈴 氏 3.休憩12:00-13:00 4.パネル2.防災・減災・復旧:13;00-15:00 ・総合:日本総合研究所 調査部 主席研究員 藻谷 浩介 氏 ・災害に強い通信:JAXA 前理事長、NTTドコモ 元社長、立川技術経営研究所 代表 立川 敬二 氏 ・インフラの安全確保:ジオ・サーチ 社長 冨田 洋 氏 ・女子力とデザイン:ダイアログプラス CCO、防災ガール 代表 田中 美咲 氏 ・高専・高専人の取り組み 〜復旧から復興へ〜:(公財) 日本無線協会 専務理事、ヒューマンネットワーク高専 顧問、都立航空高専名誉教授(元校長) 島田 一雄 氏 5.休憩15:00-15:30 6.パネル3.復興に向けて:15:30-17:30 ・行政:総務省 大臣官房審議官 渡辺 克也 氏 ・NPO活動-走れ東北!移動図書館プロジェクト-:シャンティ国際ボランティア会 広報課長 鎌倉 幸子 氏 ・料理・食メディアでの事例:アイランド 社長 粟飯原 理咲 氏 ・ミスキャンパスによるメディア発信力を生かした学生ボランティア支援活動:Sweet Smile 前代表 西川 礼華 氏 ・観光:JR東海 相談役、元会長 須田 ェ 氏 7.全体討論:17:30-17:50 8.閉会の辞:17:50-18:00   東大名誉教授、明大客員教授、映像情報メディア学会 未来映像懇話会座長 原島 博 氏 総合司会・企画・運営:研究・技術計画学会業務委員、 映像情報メディア学会アントレプレナーエンジニアリング研究委員会 幹事 中原新太郎 注意事項 (1)許可以外の撮影、録音、録画はご遠慮ください。 (2)営業活動、勧誘はご遠慮ください。 (3)蓋の閉まらない飲料の持ち込みはご遠慮ください。 (4)質問時間に自説や自己PRを1分以上述べる方からは、運営費の半額を負担頂いた上で退場願います。 (5)質問は1回一人に一問でお願いします。 (6)会場へのお問い合わせはご遠慮ください。                                           以上 ご参考:質問の作法 頂戴する個人情報は、今回の資料集の事前発送のみに使用させて頂きますとともに パネルの参考に講師の皆様に事前に提供させて頂く場合もございます。
第二回(協力行事)
  平成25年5月シンポジウム(5.25)のお知らせ   謹啓 時下ますますご清栄の御事とお喜び申し上げます。 日頃よりお世話になっております。 さて、例年複数の学会より、シンポジウムの企画を要請されております。その中で本年は情報通信月間 である5月にイノベーション関連分野で重要なテーマにつき、以下に示すシンポジウムを開催することと 致しましたので、ご説明させて頂きます。 敬具 記 2013.05.25(土) 15時〜18時半、懇談会18時半〜20時 テーマ:地域から発信するイノベーションへの挑戦 日本において、イノベーション=新製品・新サービスと誤解される場面が多い。しかし実際には、その 基本は既存の知識体系の新結合であり、社会のあらゆる場面で実現が可能である。また、その発生現場 もヒト・モノ・カネが集中する大都市だけではなく、日本全国に広く分布している。最近の話題では、 ノーベル賞を受賞した山中氏の研究の多くが生み出されたのは奈良先端大であったのは、記憶に新しい ところである。今回は、地域で発生、また地域間連携で発生しているイノベーションの胎動を取り上げ、 今後の参考として頂く所存である。 場所:ちよだプラットフォームスクウェア 東京都千代田区神田錦町3‐21 竹橋駅(営団地下鉄 東西線)3b KKRホテル東京玄関前出口より徒歩2分 TEL:03-3233-1511 FAX:03-3233-1501 プログラム ・ご挨拶15:00-15:10 研究・技術計画学会イノベーションフロンティア研究懇談会会長/東北大学大学院工学研究科 教授 原山 優子 氏 ・基調講演1「医療による地域活性化ー関西学研都市での挑戦の経験とiPS細胞研究」15:10-15:40 元奈良先端大学教授 今田 哲 氏 ・基調講演2「特区が目指したものと今後の課題」15:40-16:20 内閣官房構造改革特区推進室 元参事官/パソナ常務執行役員 檜木 俊秀 氏 ・パネルディスカッション 16:20-18::30 「東京から仕掛ける地域活性化:山口県」関東ニュービジネス協議会 元副会長 /コスモピア社長 田子 みどり 氏 「温故知新と:地域活性化:北斎とスカイツリー」東京商工会議所 観光委員/墨田支部 IT分科会長/   一般社団法人 墨田区観光協会 理事/観光地域づくりプラットフォーム推進機構 理事/  墨田区文化振興財団 評議員/久米繊維工業株式会社 取締役会長 久米 信行 氏 「地域自立に向けた政策と課題」総務省地域自立応援課長 牧 慎太郎 氏 「大学生による地域イベント開催の現状と課題」横浜学生環境活動コンテスト主催RCE横浜若者連盟   横浜国立大学 学生 多田 陽香 氏 「地域情報化とは何だったのか?KANSAI@CANフォーラムが目指したもの」   KANSAI@CANフォーラムWEBマスター、 研究・技術計画学会「既存知識の新結合によるイノベーション での地域活性化」サブ研究会主査  /地域・技術経営総合研究所所長 中原 新太郎   司会:研究・技術計画学会「既存知識の新結合によるイノベーション での地域活性化」サブ研究会主査 中原新太郎 主催:映像情報メディア学会アントレプレナーエンジニアリング研究委員会NPO法人スマート観光推進機構 協賛:日本生活学会 生活情報化研究会情報通信ネットワーク産業協会IEEE TMC JAPAN 協力:株式会社 地域・技術経営総合研究所株式会社 多夢 注1)パワーパーソンの交流を促進するため、参加費は無料とし、立食式の懇親会を開催する。 懇親会参加費:事前振り込み5千円。当日7千円。 懇親会を含めて参加をご希望の方は下記口座への振り込みをもって申込み完了と致します。 振り込み手数料は参加者のご負担でお願いします。 当日は振り込み領収書をご持参ください。 三菱東京UFJ銀行 秋葉原支店 普通口座3053520 (株)地域・技術経営総合研究所                                           〆 第一回 2012年11/17(土)に設立記念講演会と懇親会を開催致しました。 日時:11/17(土) 14:00〜19:30 会場:東京都千代田区神田錦町3-21 ちよだプラットフォームスクウェア1階     地下鉄東西線 竹橋駅下車、3b KKRホテル東京玄関前出口より徒歩2分 プログラム: 第T部(14:00〜16:00):日本経済システムデザイン研究会(ZESDA)第2回東京セミナー 「『未来』を『リアル』へ変えるプロデューサーシップとは」  講師:田中栄氏(株式会社アクアビット社長)  企業が中長期戦略を立案するための前提となる「将来の世界観」と「変化のプロセス」を提示し、  1200以上の企業や研究機関で経営戦略ツールとして活用される『未来予測レポート』。  その著者が語る、未来を切り拓くための“プロデューサーシップ”とは。 (会費2,000円)                        団体URL:http://zesda.jp/ 第U部(16:00〜18:00):NPO法人STAND パラリンピック報告会   障害者スポーツ大会の「ケータイ」を使ったインターネット中継を行うNPOのロンドンパラリンピック  での活動報告です。講師は伊藤数子理事長です。(会費無料)   団体URL:http://www.i-project.jp/stand/ 立食パーティー:18:00〜19:30(会費無料)
その他の団体と共通の御知らせはこちら

GO TOP